模造紙転写ボード

和紙(washi)は、大和民族の伝統製紙工芸の一つで、障子によく使われるため、障子紙とも呼ばれます。

和紙は、主に斐紙(雁皮紙)、ミツマタ、楮(こうぞ)が原料として製造され、このような製紙工芸は、日本全国に広がっています。有名な手漉き和紙は、美濃、黒谷、越前、小川があり、弊社は特殊な製造工程により、あらゆる手漉き和紙の絵柄をPS(ポリスチレン)樹脂板に転写し、雲竜板の生産が可能になりました。

例えば、和紙の中の落水、黄麻、穀紙、藁葉、波和、松紙などを完璧に複製することができます。用途として、屋内の間取りに屋外の光を取り入れて、室内を明るくさせることです。耐水性・耐摩性が優れて、汚れがつきにくい特徴があり、また、和紙と同じような手触りを持っているので、現段階では、和紙の性質に一番近い製造工程です。

View: