太陽エネルギーフレネルレンズ

View:

フレネルレンズ(Fresnel lens)

フレネルレンズ(英語: Fresnel lens)は、フランスの物理学者オーギュスタン・ジャン・フレネルによって発明されたレンズです。
当初、フレネルは、灯台用レンズに応用され、凸面鏡の曲面設計による厚みと重量を克服するため、このレンズを考案し、光は一点に集光、伝送距離も倍増になりました。
普段、我々は、あまりフレネルの存在を気がつかないですが、CCTV監視カメラはまだ普及していない時代には、大型バスの後ろガラス窓に貼り付けてあるのがフレネルレンズです。現在、文房具売り場に販売されているカード型ルーペ(3倍率)、およびハイテック用途として、ソーラーパネルの効能向上、農地に日照量不足の問題を克服するために応用されています。